東成瀬村役場

東成瀬村の概要

村章

 

村章村の東の「ひ」と成瀬の「成」を組み合わせ図案化し、村民の融和と力強い村勢の発展を表徴する。

(昭和42年5月制定)

 

 

東成瀬村民憲章

 

村民憲章わたしたちは、先人が築いた東成瀬村に誇りを持ち、さらに発展することを願い、この憲章をさだめます。

一、 自然を守り、緑ゆたかな村をつくります。

一、 健康で働き活力ゆたかな村をつくります。

一、 福祉の心でふれあいゆたかな村をつくります。

一、 共に学び文化ゆたかな村をつくります。

一、 スポーツを愛し心ゆたかな村をつくります。

(平成元年8月27日制定)

 

位置と気候

 
 秋田県の東南端に位置し、東は奥羽山脈を境に岩手県に、南は宮城県に接していて、東西に17km南北に30kmと細長い地形をなし、総面積203.69Km2のうち山林原野が93%、このうち国有林がほぼ半分を占めている。

村の中央部を成瀬川が縦断し、これに沿って大小21の集落が点在している。
標高は最低で160m、最高1424mの秣岳(まぐさだけ)周辺は風光明媚な栗駒国定公園となっている。
気候は概して冷涼で、積雪は2m、多いときは3~4mに達し、積雪期間は5ヶ月にもおよぶ特別豪雪地帯である。

 

村の木杉(秋田杉) 村の花山百合 村の虫ほたる 村の鳥やまどり 村の魚いわな
村の木
杉(秋田杉)
村の花
山百合
村の虫
ほたる
村の鳥やまどり 村の魚いわな