東成瀬村役場

教育・文化 2016年8月

世界各国を学ぶ-グローバル“夢”ミーティング-

8月11日~12日、東成瀬小学校6年生と東成瀬中学校3年生を対象とした、「グローバル“夢”ミーティング」が、ホテルブラン等を会場に開催されました。
秋田大学の留学生9人と一緒に英語を使って交流し、聞く・話す能力を養い、国際理解を深める事や留学生が日本で学ぶ動機や夢、生き方などに触れることで自分の将来について考えるきっかけとすることを目的に開催された英語合宿です。
小学校6年生の時も体験している中学校3年生は今回2回目となり、最初の自己紹介、名刺交換から積極的に取り組んでいました。小学校6年生もパークゴルフや花火を通じて更にリラックスした表情になり、合宿中はたくさんのコミュニケーションがとれるようになりました。

国際交流会では、留学生は自国、小中学生は村について、写真や自分たちで書いた絵やパフォーマンス等で紹介し合い、質疑応答を通して、お互いの国や村について一層理解を深めることができました。また、保育園からも年長の子どもたちが見学に来てくれて、留学生や小学生の英語に反応を示し、和気藹々とした雰囲気に包まれました。
留学生からは「みなさんの英語は上手なので継続して勉強してほしい」そして自分たちの経験をもとに「夢を持つこと」の大切さのお話がありました。英会話のみならず、異文化を肌で感じることで、児童生徒の世界観がより大きく広がり、とても貴重な体験となりました。

1608_education01

 
 

プロ選手がやって来た!-秋田ノーザンハピネッツ東成瀬村合宿-

8月4日から7日までの4日間、村民体育館においてプロバスケットボールチーム「秋田ノーザンハピネッツ」が合宿を行いました。
5日には「岩手ビッグブルズ」との合同合宿を行い、試合形式の練習も行われました。
来場者はプロチームの技術と迫力を間近に体感し、良いプレーには拍手を送るなどして観戦していました。
4日には小中学校バスケットボール部員を対象としたクリニックが開催されました。
クリニックではハピネッツのコーチ3名のほか、8名の選手による指導が行われました。
参加者からは、「教えてもらったことを試合に生かしたい」「また来年も来てほしい」という感想がありました。

1608_education02