東成瀬村役場

教育・文化 2017年6月

キバナコスモスの種まき

-小中連携教育事業-

 6月13日(火)、東成瀬小・中学校児童生徒が、田子内バイパス沿いや小学校周辺に「優しい心」「協力する心」「奉仕する心」の3つの心とともにキバナコスモスの種をまきました。中学生が中心となり、児童生徒がお互いに声を掛け合い、協力しながら種をまいていました。当日は、地域のボランティアの方々に協力していただきました。この事業は今年で11回目を迎えます。秋には、児童生徒が思いを込めたキバナコスモスの鮮やかなオレンジ色が村民や村を訪れる方々を歓迎してくれることでしょう。

201706_kyoiku_03

新規企業等育成支援の現状(8)

【農事組合法人 岩井川ファーム】

農事組合法人岩井川ファーム
<会社概要>

  1. 設立年月:平成25年4月
  2. 組織組合数:10名(出資金90万)
  3. 作付面積:25.3ha(農地面積)
  4. 作付状況:22.0ha(水田面積)
    ・水  稲:15.8ha(うち、新規需要米:5.0ha)   
    ・牧  草:3.5ha
    ・リンドウ:0.1ha
    ・そ の 他:2.6ha
  5. 飼育牛:11頭(成牛10頭、子牛1頭)
  6. 指定管理施設:岩井川ミニライスセンター1棟(20ha規模)

<設立当初と現在の状況>

設 立 当 初 現在の状況
受託面積 岩井川地区のみで11ha 平良~岩井川地区で25ha
作付け 米、牧草 米(飼料米を含む)、牧草、リンドウ
飼育牛 1頭 11頭
防除作業 無人ヘリでの防除(業者へ委託) ドローンでの防除(H29新規)
従業員数 20名(社員5名、パート15名) 27名(社員5名、パート22名)

<今後の課題・問題>

<これまでを振り返って> 代表 冨田 富男 氏
代表 菅原 守 氏
 ファームを設立し、今年で5年目となります。始めは手探り状態だった法人の運営も、地元のお手伝いしてくださる皆様のおかげもあり、徐々に軌道に乗ることが出来ました。
 1頭から始めた牛の繁殖は、現在11頭まで増やすことが出来ました。一年を通してうまく繁殖させることができるよう、課題もたくさんありますが、それ以上にやりがいを感じています。
 また、岩井川ファームは、低農薬・有機米、自然乾燥米の「特別栽培米」にも力を入れています。皆様においしいお米を提供出来るよう、これからも日々精進し、皆様の協力を賜りながら今後も頑張っていきたいと思っております。