赤べごハンバーグ村内で販売開始 今週末から -長沼商店-

4月から食肉加工センターでふるさと納税用の返礼品や特産品開発に取り組む「長沼商店」の代表取締役(長沼文男 氏)と統括部長(畑山和文 氏)が、本日開催の議会全員協議会で挨拶を兼ねて、商品開発に対する考え方や現況について説明がありました。
現在は、村特産の短角牛「赤べご」の肉を使ったハンバーグや餃子を作っており、既に自社の店頭で販売しているようです。また、3月まで指定管理を行っていた「羽後の國ファーム」で開発したドッグフードも引き継いで製造し、取扱店など販路を決め、7月から「県内限定」で販売する予定とのことでした。
さらに今週末から滝ノ沢と岩井川の農産物直売所でハンバーグや一部自社製品の販売を開始するとのことでした。長沼商店「肉のわかば横手店」の「鶏のから揚げ」は行列のできる人気商品で、仙人郷初売りとなるかもしれません…タブン…とにかく足を運んでけろっ!
ん~、スタートダッシュ成功といったところですかな(MIKA)

※長沼商店(肉のわかば)ホームページはこちらです。

naganuma
長沼代表取締役

hatayama
畑山統括部長

hamburg
赤べごハンバーグ

gyouza
赤べご?餃子