仙人郷に初雪 昨年より20日遅れ

仙人郷に初雪、観測をはじめた昭和48年以降10番目に遅い記録となった。参考までに最も早いのは昭和61年10月17日、最も遅いのは平成16年12月17日となっている。また、これらの最高積雪は昭和61年が100cm、平成16年が222cmで記録した日は不思議なことにいずれも翌年の3月3日の桃の節句となっている。
村のキャッチフレーズは“さわやかなるせ 仙人の郷”で、職員採用試験では抑えておきたいフレーズだが、この「仙人」の原点は役場の裏山にある。裏山には仙人様を祀っている小さな祠があり、これにちなんで仙人の郷、そして仙人修行へとつながった。役場の住所も仙人下となっている。祠への参道入口付近に大きなイチョウの木が立っている。周辺の田子内地区には「このイチョウの葉が全部散ると根雪になる」との言い伝えがある。今日は散り始めているが葉はついており根雪はしばらく先ということになるか…いずれにしても多くもなく少なくもない、ちょうどよい雪を望みたい。(MIKA)

仙人様の大銀杏

仙人様の大銀杏


風雪の仙人像

風雪の仙人像


不動滝もうっすら雪景色

不動滝もうっすら雪景色


蛍の里公園

蛍の里公園