特別職・一般職の期末手当を0.1月分引下げ -12月臨時会議-

本日、村議会定例会12月臨時会議が開催され、常勤特別職と一般職の期末手当(ボーナス)を0.1月分引き下げる報酬・給与条例の改正と一般会計補正予算の各議案が満場一致で可決されました。また、議員提出となった議員の期末手当も同様に引き下げる発議も満場一致で可決されました。
一般会計補正予算は357万円の追加で累計は40億5924万円、内容は新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金事業で宿泊助成事業の第2弾として792万円を追加し、第1弾の予算残とあわせ900万円の事業費とするもの。
宿泊助成事業は村内宿泊施設の1泊2食付きプランに対し1人4000円を助成するもので、秋田県民割、秋田冬割やGOTOトラベルとの併用も可能で期限は来年2月末となっている。
3日には12月定例会議が開催される予定となっています。

※東成瀬村議会は通年議会を導入しています。定例会は年1回となっています。

12月臨時会議

12月臨時会議